Story

「……ある意味で、現代の魔術師とは、天使を蒐集する職業だといってもいい」

『時計塔』。
それは魔術世界の中心。貴い神秘を蔵する魔術協会の総本山。
この『時計塔』において現代魔術科の君主(ロード)であるエルメロイII世は、
とある事情から剥離城アドラでの遺産相続に巻き込まれる。
城中に鏤められた数多の天使、そして招待者たちそれぞれに与えられた〈天使名〉の謎を解いた者だけが、
剥離城アドラの『遺産』を引き継げるというのだ。
だが、それはけして単なる謎解きではなく、『時計塔』に所属する高位の魔術師たちにとってすら、
あまりにも幻想的で悲愴な事件のはじまりであった——。

魔術と神秘、幻想と謎が交錯する『ロード・エルメロイII世の事件簿』、いざ開幕。

Character

ロード・エルメロイⅡ世

ロード・エルメロイⅡ世

魔術師の総本山・時計塔に、十二人のみ存在する
君主(ロード)のひとり。
魔術の腕は二流ながらも、その知識は瞠目に値する。
極東での『第四次聖杯戦争』に参加した、
数少ない生き残り。

グレイ

グレイ

ロード・エルメロイII世の内弟子。
いつもフードに顔を隠している、不思議な少女。
時折、マントの右手のあたりを気にしているが……?

ライネス・エルメロイ・アーチゾルテ

ライネス・エルメロイ・アーチゾルテ

ロード・エルメロイII世の、義理の妹。
彼に『エルメロイ』の名前を与え、
君主(ロード)に仕立て上げた張本人でもある。
いつも、水銀のメイド型自動人形(オートマタ)を
伴っている。

Book

  1. ロード・エルメロイII世の事件簿1
    case.剥離城アドラ

    「……ある意味で、現代の魔術師とは、天使を蒐集する職業だといってもいい」

    『時計塔』。
    それは魔術世界の中心。貴い神秘を蔵する魔術協会の総本山。
    この『時計塔』において現代魔術科の君主(ロード)であるエルメロイII世は、とある事情から剥離城アドラでの遺産相続に巻き込まれる。城中に鏤められた数多の天使、そして招待者たちそれぞれに与えられた〈天使名〉の謎を解いた者だけが、剥離城アドラの『遺産』を引き継げるというのだ。だが、それはけして単なる謎解きではなく、『時計塔』に所属する高位の魔術師たちにとってすら、あまりにも幻想的で悲愴な事件のはじまりであった──。

    魔術と神秘、幻想と謎が交錯する『ロード・エルメロイII世の事件簿』、いざ開幕。

  2. ロード・エルメロイII世の事件簿2
    case.双貌塔イゼルマ(上)

    「我が師に問う。——魔術における究極の美とは何か、と」

    双貌塔イゼルマに住まう、双子の姫。
    至高の美を持つとされる黄金姫・白銀姫のお披露目に、エルメロイII世の義妹であるライネス・エルメロイ・アーチゾルテも参加することとなった。時計塔の社交会となれば派閥抗争もありえると、ボディガードとしてグレイを連れて行ったライネスだが、そこで起こった事件は彼女の想像をも超えていた。三大貴族。冠位(グランド)の魔術師。ロード・エルメロイII世は、『時計塔』に巣くう闇をいかにひもとくか。

    魔術と美、幻想と陰謀とが交錯する『ロード・エルメロイII世の事件簿』、第二幕開演。

  3. ロード・エルメロイII世の事件簿3
    case.双貌塔イゼルマ(下)

    「……双子による魔術とは、たとえるならば鏡合わせの自分との融合です」

    双貌塔イゼルマ。至上の美を体現する、双子の黄金姫と白銀姫。
    そのお披露目で起きた殺人事件は、新たな人物——アトラム・ガリアスタとその部下たちの乱入によって、さらに混迷を深めることとなった。彼らに対抗すべく、エルメロイ教室のフラットとスヴィンは師の制止を振り切って暴走し、冠位(グランド)の魔術師・蒼崎橙子は愉しげに観察する。入り乱れる魔術師たちの戦いの中、ロード・エルメロイII世は、美しき死の謎へと挑むが……!

    魔術と美、陰謀と闘争が交錯する『ロード・エルメロイII世の事件簿』第二幕の結末を見よ。

  4. ロード・エルメロイII世の事件簿4
    case.魔眼蒐集列車(上)

    「見ることは、人間の歴史で最初の魔術だ」

    魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン)。それは欧州の森をいまなお走り続ける伝説。
    とある招待状によって巻き込まれたロード・エルメロイII世は、天体科(アニムスフィア)の一族たるオルガマリーたちとともに、魔眼のオークションに参加することとなる。しかし、エルメロイII世にとっての目的はオークションにあらず。彼にとって欠くべからざる——奪われた誇りを取り戻すことだった。

    魔眼を欲する者と、魔眼を疎む者。

    秘中の秘たる『虹』の位階の魔眼とは。

    幾多の瞳の見つめる中、第三の事件が幕を開く。

  5. ロード・エルメロイII世の事件簿5
    case.魔眼蒐集列車(下)

    「ようこそ、皆様。魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン)が誇る万魔眼球庫(パンデモリウム)へ」

    魔眼蒐集列車(レール・ツェッペリン)で起きた殺人事件は、誰も思いがけない方向へと展開した。
    新たな戦士の襲撃によってロード・エルメロイⅡ世は倒れ、かの列車もまた大いなる脅威に遭遇する。この危地を脱するため、グレイは過去視の魔眼を持つ代行者カラボー、スパイを自称する少女イヴェットと協力することになるが……。

    暴かれる魔眼。謎の英霊と死徒の落とし子。

    天体科(アニムスフィア)の一族たるオルガマリーが気づいた秘密とは。

    複雑にもつれあった事件の中で、ついに魔眼オークションが開催される——!

Outline

  • 発刊:TYPE-MOON BOOKS

  • 著:三田誠【「レンタルマギカ」「レッドドラゴン」】

  • イラスト:坂本みねぢ【「ドレスの武器商人と戦華の国」(著:和智正喜/富士見書房)「Lord of Knights」(Aming)】

  • サイズ:四六判

  • 価格(税抜):
    ロード・エルメロイII世の事件簿 1 「case.剥離城アドラ」¥1,200(税抜)
    ロード・エルメロイII世の事件簿 2 「case.双貌塔イゼルマ(上)」¥1,000(税抜)
    ロード・エルメロイII世の事件簿 3 「case.双貌塔イゼルマ(下)」¥1,000(税抜)
    ロード・エルメロイII世の事件簿 4 「case.魔眼蒐集列車(上)」¥1,000(税抜)
    ロード・エルメロイII世の事件簿 5 「case.魔眼蒐集列車(下)」¥1,200(税抜)

  • 取り扱い店舗:アニメイトanimegaあみあみグッドウィルゲーマーズCOMIC ZIN
    書泉ソフマップDMM.comとらのあなメロンブックス(敬称略五十音順)